ケーブル

Rolls-Royce Silver Spur

今日も147のパーツは音沙汰がないのでこちらをやってます。けど冷静になってみると、まともなインチの工具を持っていなかったことに気付いてしまったので、午前中にあれやこれやと買い揃えました。いざ買おうと思うと、あれやこれやと色々必要なものがたくさんあって困ってしまいます。

真ん中を突っ切るキーブル

左バンクのインジェクタを外そうと思って隠れているボルトなどを確認していたところ、この真ん中を突っ切っているケーブルが非常にジャマです。多分、元々は手前側のパイプ類の下を通していたのだと思うのですが、何かの作業の際に取り回しが変えられてしまったようです。取り回しを変えたせいで長さが余ってしまったので、適当に束ねてあったりします。非常に気になるし作業のジャマなので取り回しを元に戻しました。

取り回し変更

ようやくスッキリしました。さらっと書いてますが結構時間がかかりました。エアコンのコンプレッサが換装されたときに追加された配線が冗長に繋がれていたり、診断ポートの配線を一旦切断したのを撚っただけで繋いであったりと、それらを手直しするのも大変でした。

コネクタを追加

適当に撚って繋いであった配線はクランク角センサのケーブルだったので、もしかしたら交換することになるかもしれないのでコネクタを付けて繋いでおきました。

インジェクタの取り外し

ようやくインジェクタの取り外しに着手です。昨日はミクスチャボディを外さないと無理かなと思っていたのですが、ケーブルが無くなってアクセスがしやすくなったらなんとか外せました。

外したインジェクタ

何か適当なポンプとか使って簡易テスタでも作って噴射状態を見てみようかと思っています。古いディーゼルのインジェクタテスタでもあればいいのですが、あいにく持ち合わせていないのです。色々とツールが必要です…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。