脚周り

Alfa Romeo 147

前回、タイミングベルトやラジエタを交換したクルマですが、脚周りのパーツが入荷したということで入庫です。

フロントのパーツとか

とりあえずフロントはこんな感じのパーツを交換します。ロアアーム、アッパーアーム、ショック、アッパーマウント、リンクロッド、スプリングシートです。全て社外品です。

リア側のマウント

一番面倒なロアアームを交換しようと思ったのですが、リア側のマウントがスタビに当たって収まりません。アルミのブロックなのでサンダーで削りましたが、角部分を結構たくさん削らないと入りませんでした。

フロント側のマウント

リア側のマウントを加工したら収まるようにはなったのですが、フロント側のマウントのボルトがどうしても斜めになってしまい、きちんと留められません。フロント側のマウントをよーく見てみると、画像の左右の辺が平行になっていません。

オリジナルのフロント側のマウント

オリジナルを見てみると角度が違います。若干平行じゃないような感じもしますが、だいたい平行な感じです。上の社外品の物とは明らかに違います。自分のクルマであればなんとかあちこち叩いたり削ったりして付けてしまうかもしれませんが、お客様のクルマにはそんなことができないため、別のメーカーの社外品を注文してもらいました。

交換したアッパーアームとショック

ちょっとバタバタしていて画像を撮りませんでしたが、ショックも1本、ストロークが短いものがあって、最初は不良品かと思いました。シャフトを無理矢理引っ張り出したところ、2cmほど出てきました。また縮めようと思ったら、2cmくらいのところで引っかかって入っていきません。シャフトをよーく見ると、ショックのボディを塗ったときのオレンジの塗料が付いていて、そこで引っかかっていました。結構な厚さの塗膜でしたが、シャフトに傷を付けないように削り取りました。もちろんシャフトはスムーズに動くようになりました。

製造時、ショックを組み上げてから塗装をしているようなのですが、シャフトのマスキングが甘かったようです。こんな状態でも出荷されてしまうということは、既定のストローク量の検査とかはしていないのだと思います。今回はとりあえず使えたから良かったですが、ホントの不良品だったらまた納車が数日伸びるところでした。

今日中にリアのショック交換までやりたかったのですが、パーツの不具合で時間を取られてしまって終わりませんでした。また明日頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。