また固着

Alfa Romeo 147

フロントのロアアームを買い直してもらった147ですが、さっそく午前中に届きました。

右側

当然と言えば当然ですが、何の問題も無く取付完了です。今回、オーナーさんが買って持ち込まれたアームはノーブランドの物でした。昨日急遽買い直したものはTRWから売られているものです。TRWも社外品ではありますが、さすがにノーブランド品よりはまともです。

左側

昨日の時点でショックなどは交換しておいたので、ロアアームを取り付けて、色々外したものを元に戻して完了です。リアショックの交換が終わったら、最後にアライメントの確認をしようと思っています。

リアショックのボルト

で、リアショックですが、下側の、ハブ・アーム・ショックを共締めしている20cmくらいある長いボルトが完全に固着していて回りません。

いつものブレーカーバー

超長いブレーカーバーで回しても、ネジ切れそうでダメです。油攻めしながら気長に抜くか、新しいボルトを用意して固着しているボルトを破壊する勢いで抜くしかないようです。これくらいの年式のクルマでも、一度もショックを交換していないとこんなことになるのですね…。まぁ、勝手に新しいクルマだと思っていたりしますが、ヘタすると20年選手だったりしますから固着しててもおかしくはないのですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。