フレッシュエアファン

VW Beetle

色々な目標が全く達成できていないのに、今年も1/4が過ぎようとしています。精進します。ビートルですが、パーツが届いたので組んでいきます。

ファンスイッチ

結構なお値段のスイッチなのですが、樹脂製で華奢な感じです。接点容量も少なそうですし、壊れやすいというのもうなずけます。ですが、そう頻繁に使用するものでもないですし、もう交換することもないと思います。スイッチが付いたので、無事デフロスタにフレッシュエアが導風されるようになりました。

フレッシュエアボックス

バラしたファンボックス周りを元に戻します。ぐちゃぐちゃの配線も何とかしたいですが、相当大変な感じなのでやめておきます。

カードボード

ボロボロですが、カードボードが敷いてあったので戻しておきました。色々と隙間風の対策をしましたが、元々の造りが造りなのでこれで様子を見てもらおうと思います。

ワイパースイッチですが色々調べた結果、この年式にはやはり間欠モードはありませんでした。スイッチの段数が余計に一つ多いのですが、元々はストッパーが付いていて最後の段に行かないようになっていたのが、そのストッパーが無いために謎のスイッチポジションがある状態になっているようです。また取れてしまうかもしれませんが、ストッパー的なモノを付けておきました。こちらもこれで様子を見てもらおうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。