塗装やり直し

Alfa Romeo GT 1300 Junior

こちらのJunior、ドアの塗装をお願いしていたのですが出来上がって来たので組み立てます。

ファンベルト

塗装に出す前に、ブレーキ周りのチェックやフルードの交換をしました。その際にその他の下周りもチェックしたのですが、ファンベルトが少しほつれていました。まだしばらくは大丈夫そうなのですが、気になったので交換します。

取り付け完了

今回は国産のベルトを使用しました。バンドーのRPFで、汎用品です。初期伸びを考慮して、少しだけ強めに張っておきました。

削りました…

塗装が終わったのでドアノブを取り付けようとしたのですが、うまく付きません。よーく見ると、パネルにパテが2㎜以上盛られています。画像は穴のエッジ部分を少し斜めに削ったところですが、白い部分がパテの部分です。

ドアノブ

ドアノブの上部にはドアパネルの鉄板を引っかける返しのようなものがあるのですが、パテが厚すぎてこの返しにパネルが入らなくて引っかけられません。仕方が無いのでパテの部分や鉄板の折り曲げ部分を削ったりしながら、なんとか引っかけられるように加工をしたのが一つ前の画像です。ということで、また塗装をやり直してもらう事になりました。

そもそもドアノブの周りの塗装が割れていたのは、実はドアノブがキチンとハマっていなくて完全に固定されていなかったのが原因なのかもしれません。ドアノブを操作するときに微妙にドアノブが動いて塗装に当たって割れてしまったとか…。それか、ドアノブの取り付け時に、返し部分に無理矢理ドアパネルを引っかけて付けようとして失敗して割ってしまったとか…。

塗装の前にドアノブがキチンと付くか確認してからお願いすればよかったのですが、まさか付いていた物が付かないなんて考えてもみなかったので…。二度手間になってしまいましたが仕方ないです。これもまた勉強と諦めるしかないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。