わかりました

Fiat 600

今日もオーナーさんが来てくれて、無事バラシが完了しました。さすがオーナーさん、躊躇なくガラスのウェザーストリップとボディの隙間にグイグイと内張剥しを差し込んでガラスを外していきます。ものの10分くらいで4枚のガラスが外れました。サンルーフも基本、フレームを留めている20個ほどのナットを外せば外せました。ということで板金屋さんのスケジュールを確認して可及的速やかに塗装をお願いしようと思います。

リレーボックス

バラシがサクっと終わったので、エアコンの不具合をなんとかします。ガスはちゃんと入って漏れは無くなったのですが、相変わらずコンプレッサがONになりません。ようやくリレーボックスの在り処が分かったのでリレーを単体でチェックしたのですが問題ありませんでした。そもそもリレーのON信号が来ていないことも確認したので、その原因を探しました。

サーミスタのコネクタ

圧力スイッチもガスが入っている状態でONになっていますし、残りはエバポレータの温度センサくらいなので、コネクタを外して抵抗値を測ろうとしたらなんだかすんなりと抜けて来ました。もしかしてコネクタがちゃんと差さっていなかっただけかも…。念のためサーミスタの抵抗値を測ってみましたが常温で2.5kΩくらいなので問題なさそうです。で、コネクタを元通りに繋いでエンジンを掛けたらコンプレッサのクラッチの繋がる音が『カチッ』と。うーん、接触不良だったのか…。今回はガス抜けと接触不良の二重の不具合が原因でした。

BMW 1602

少しだけ予告です。マル二と聞いていたので勝手にニーマルマルニだと思っていたら…。

リアビュー

イチロクマルニでした…。現車は初めて見ました。今回は納車前整備をします。けど、キースイッチがスターターの位置まで回らなかったり、ちょこちょこやることはあるようです。頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。