1602

BMW 1602

納車前点検ということで、念のため点検前に試乗してみました。エンジンの調子は良いですし特に大きな問題はありませんでした。若干ハンドルのセンターが左にずれていたり、ブレーキが引きずっているような感じがあったり、ステアリング周りからたまにコトコトと音がします。なのでクルマをリフトアップしてみてみました。

ステアリングリンクロッドのボールジョイント

タイヤを持って左右に動かすと遊びがあります。ステアリングのセンターリンクロッドのボールジョイントにブーツが付いていない上に結構なガタがあります。交換した方が良さそうです。

タイロッドエンドのブーツ

タイロッドエンドもチェックしたところ、ボールジョイントのガタはありませんでしたが、アウター側のブーツが左右とも切れています。ブーツが切れているとそこからグリスが出てしまい、油分が無くなると摩耗が進み遊びが大きくなっていきます。エンドごと交換したほうが良いですが、最低でもブーツは交換したいです。

ブレーキシュー

ブレーキの引きずりですが、フロントは問題無いのですが、リアが少し引きずっています。リアはドラムブレーキなのでドラムを外して見ましたが、そもそもドラムが抜けづらかったです。ドラムを外したら、トレーリング側のシューのライニングが剥がれていました。しかも左右ともです。ホイールシリンダに漏れや固着は無いので、シューを交換してブレーキ周りを掃除して各部に給油する必要があります。

時計

装備品等のチェックもしました。ほぼ全ての機能が問題無かったのですが、唯一メーターパネルの時計だけが動いていません。バッテリ上りを嫌ってわざと電源を切っているのか時計自体が故障しているのかは分かりませんのでオーナーさんに確認しようと思います。

他にはエンジンオイルやブレーキフルードがちょっと汚れているので、必要があれば交換します。

リアシートのシートベルト取り付け穴

点検とは別に、リアシートにシートベルトが無いので、汎用品を付けて欲しいとのことなのでシートを外して見ました。あちこちよーく見ると、座席中央側のフロア辺りにブランクブラグがねじ込まれていて、それを外すと取り付け用のネジ穴がありました。

横のネジ穴

座席の横側にも、内装に隠れていますがネジ穴がありました。シートベルトの取り付けボルトはなぜかどのクルマも7/16インチの20山のUNFネジと決まっているので、入手の容易な国産車のボルトを使おうかと思っています。ベルトに一緒にボルトが付いているかと思ったのですが、残念ながらボルトは付属していませんでした。

明日はブレーキ周りのパーツの調達をしてから、スタート位置まで回らなくなってしまっているキーシリンダを外してなんとかしてみようと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。