フュエルバルブ

オリジナルのバルブをバラして掃除

もう韻シリーズは飽きました。オリジナルのバルブの動きが渋くなったためか、先人によって適当なバルブが追加されて付けられていました。余計な物は外してしまえということで、オリジナルをオーバーホールです。Oリングのシールや真鍮のフィルタが無くなっていて、シールテープやアルミパテ的な物で漏れが抑えられていました。さらに内部は古いツーストオイルとガソリンによるタール状の残留物がベッタリで、掃除が大変でした。

追加のバルブを撤去

スッキリしました。旧車には余計なものを付けたくないですよね。自分が乗りつぶすならいいですけど、この先、他の人の元に行くクルマならなおさらオリジナルの状態を維持しておきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。