直します

Alfa Romeo GT 1300 Junior

なんか色々やるとのことで入庫です。不動だとは聞いていなかったのですが、届いたらバッテリが完全に放電しているうえに、キーシリンダのスイッチ部が接触不良でスターターが全く回りません。さらにブレーキペダルが抜けていて、移動させるのが大変です。

ブレーキフルード

とりあえずブレーキが効かないと移動に不便なので何とかしてみます。原因は分かりませんが、フルードのリザーバータンクが空なのでとりあえず補充してみます。特にどこからも漏れて来ないのでエア抜きしてみたら普通に効くようになりました。抜いたフルードは真っ黒でした。また後でブレーキに不具合が無いか、ゆっくり見ることにします。

内装パーツ

バッテリをジャンプしてもスターターが回らないので、キーシリンダのところの配線に外付けスイッチを追加しておきました。これでとりあえず動かせるようになったので一安心です。

トランクに画像の荷物が入っていましたが、シートカバーやカーペット等でした。これらを張り替えたりするのと、他にも色々パーツを交換するようです。こちらも時間がかかりそうです…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。