クラッチ

Alfa Romeo Spider 1600

少し間の空いてしまったSpiderですが、クラッチ周りの作業を再開します。

クラッチとフライホイール

クラッチをフライホイールを外しました。クラッチ板はもう少しイケるかと思ったのですが、外してみたら溝が無くなりかけているので丁度良いタイミングでした。フライホイールのフェース面の状態も問題ありませんでした。

クランクシール

クランクシールは何時かは分かりませんが、以前に交換されているようです。現状は滲み程度で、まだ漏れているというほどではないのですが、良い機会なので交換しておきます。

交換後

シールを交換するついでにスタッドボルトも抜いておきました。先人による過去の作業の際にネジ山を傷めてしまったようで、本来はピッチが1㎜なのに1.25㎜のナットが使われていたりします。スタッドとナットは全て新品に交換します。それにしてもこのクルマのエンジンミッション、各部の掃除が大変です…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。