載せました

Alfa Romeo Spider 1600 Junior

ミッションケースの溶接補修を加工屋さんにお願いしていたSpiderですが、出来上がって来たので再開します。

溶接

ヒビの入った部分に開先を入れて溶接してもらいました。新しいブッシュを圧入してみましたが問題ないようです。

ラバーカバー

クラッチのレリーズベアリングを押すレバーのピボット部に右のパーツが付いていたのですが、機能していなさそうなので新品を購入しました。

取り付け

多分こんな感じに付いていたのだと思います。でも、付いていてもあまり役に立っていなさそうな感じのパーツです。

レリーズベアリング

レバーとレリーズベアリングを取り付けて完了です。クラッチ板に飛び散らないように、塗るグリスの量は少なめです。

載せました

各部のクリアランスが少ないので、ちょっと載せるのに手間取りました。テーブルの角度を変えられるミッションジャッキが無いとツライ感じです。強者の話を聞くと、ウマを掛けたクルマの下に潜ってお腹の上にミッションを載せてエンジンに挿すとか言いますから恐るべしです。

デフのフィラーボルト

パーツが届いたので、タガネの傷が入っていて6角が微妙にナメていたフィラーボルトは新品に交換しました。明日以降、プロペラシャフトとか、外したパーツを戻していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。