シートベルト

Alfa Romeo GT 1300 Juinor

内装に色々手を入れているジュニアですが、続きをやってみます。

カーペット

カーペットはなんとなくこんな感じで貼ってみました。最終的にはタッピングで固定するか糊付けしようと思っています。

シートベルトのリール

巻き取り式のシートベルトをフロントシートに付けて欲しいとのことで検討します。ウチに来た時点では運転席にだけ2点式のベルトが付いていて、そのベルトはボディに新たに穴を開けて固定されていました。なので元々ベルトを付けるように設計されていないものかと思っていましたが、ボディを下からよーく見てみるとちゃんと固定用の穴がありました。

オリジナルの固定穴

このクルマ、フロアパネルが腐食していたようで色々補修されています。このネジ穴もラバーコートで塞がれていて最初はどこにあるのか分からなかったのですが、しつこくつついて探っていったら見つけられました。これは助手席側ですが、運転席側は新しい鉄板が貼られていて穴がありませんでした。新たに開けるしかないようです。

ベルトのキャッチ

キャッチの固定穴もこの辺りに新たに開けられていましたが、探してみるとちゃんとオリジナルの穴がありました。

仮留め

オリジナルの穴はこの辺りにありました。反対側の穴は錆によってネジ山が無くなっていました。タップを立て直すかバカ穴にしてナット留めにしようと思います。

肩の留め具

肩の留め具はこの辺りに固定します。この金具を留めるには内装に穴を開ける必要があります。

仮留め

オリジナルの固定穴はここにあります。内装に穴を開けるのが忍びない感じです。

リアシートにも2点式のベルトを付けて欲しいとのことなので見てみましたが、オリジナルの固定穴が無かったので新たに開けなくてはならないようです。色々穴を開けることになるので、オーナーさんに確認を取ってOKが出たら取り付けようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。