155 Q4

Alfa Romeo 155

昨年からご相談いただいていたのですが、クラッチペダルが抜けたことがあるし、その他にも色々直したいとのことで入庫です。

クラッチレリーズシリンダ

クラッチペダルの不具合で一番怪しいのがレリーズシリンダです。表面には錆が見られますが、フルードが滲み出たりはしていません。ですが…。

ブーツを外す

ブーツをめくると、黒く汚れたフルードがドバっと漏れます。よくある不具合です。パーツがあればアッセンブリで交換してしまいます。どうせレリーズを交換するなら、ついでにマスターも交換します。

フルードのリザーバ

ブレーキと兼用のリザーバタンクの中は、やはり少し汚れています。クラッチのエア抜きのついでにブレーキフルードも一緒に交換します。

DSC_4741

入庫の際に盛大なノイズを発して来たのですが、オルタネータのベアリングが原因でした。純正の新品は高いのでリビルド品か社外品にしようと思っています。オイルフィルタを外せば抜けそうな気もしますが、ギリギリダメそうな気もします。

こちらからも…

こちら側からも抜けそうにないです。周りを少しバラさなければダメそうです…。

オイルパン

以前からオイル漏れが気になるとのことでしたが、入庫の際にも床に点々と落ちていました。どこから漏れているか確認するために一度パーツクリーナで飛ばしました。ブロックの上の方からは落ちて来ていないので、やはりオイルパンガスケットのようです。Q4のオイルパンは二段重ねなのですが、問題は上のほうのガスケットっぽいです。フロント側は上の留めネジが見えているのですが…。

リア側

リア側はトランスファが邪魔で、全く留めボルトにアクセスできません。オイルパンのガスケットを交換するためにミッションを降ろすことになるとは…。クラッチとか交換する時に一緒にやった方が良さそうです。ダメ元でストップリーク的なケミカルで一時凌ぎをしましょうか…。

ロアアームのボールジョイント

脚周りから音がするとのことですが、左のロアアームのボールジョイントにガタがあります。アームアッセンブリで交換です。

スタビのエンド

さらにスタビの左エンドのブッシュが風化して無くなっています。少しだけ残ってはいますが、これも異音の原因と思われます。

クーラントリザーバタンク

クーラントのリザーバタンクに漏れがあります。クーラントレベルを見ているセンサのゴムパッキンの隙間から漏れているようです。部品があれば換えます。

ゴム部品の劣化

ゴムのホース類はヒビが入っていたり割れてしまったりしています。あちこちこんな感じなので、外すのにとても緊張します。

大きな作業はこんな感じなのですが、他にもヘッドライトのスモール球の交換とかミッションオイルの交換、エアコンの効き具合の確認、グローブボックスの手直しとか、結構盛りだくさんです。これから部品出しと見積りをします。結構大変そうです…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。