内装

Alfa Romeo 1300 GT Junior

今日はこのクルマの取材があったのでその対応やら調べものやらで、またしても作業が捗りませんでした。色々と追加の作業などがあるので進めていきます。

ダッシュボードの取り外し

いきなりですが訳あって、ダッシュボードを降ろしました。色々と外さなくてはならないのでちょっと面倒です。

降ろしたダッシュボード

このウッド調のパネルを交換したいとのことです。パネルは、それを囲んでいるシルバーのトリムで押さえられているのですが、そのトリムを安全に楽に外すにはダッシュボードを降ろした方が良いという判断です。作業はオーナーさんがやるとのことですのでこのままお渡しします。

サイドポケット

ダッシュボードが外れているので、外せなかったサイドポケットも外して交換します。

新旧のサイドポケット

サイドポケットはリプロ品と交換します。オリジナルは結構カードボードが丸出しな感じなのですが、リプロ品は少しだけ上質な感じです。

サイドポケットのホルダー

助手席側のサイドポケットにはカードホルダー的な物が付いています。

リプロ品

しかし、リプロ品の方にはホルダーが付いていません。オリジナルから外して移植しろということのようで、取り付けの穴が開いていて固定するためのリベットも付いています。

カーペットの取り付け

サイドポケットが外れたのでその下の内張りも交換します。カーペットセットに付いていた物ですが、ダッシュボードを降ろさないと交換できないのでやらずにいたのですが、ダッシュボードを降ろしたので交換することにしました。シルバーのトリムで挟み込んでいるので、ウェザーストリップとかロッカーカバーとか色々外して作業する必要があって大変です。

リアシート後ろのパネル

リアシートの後ろにパネルが載っているのですが、これをリプロ品に交換します。クリップでボディに引っかけて置いてあるだけなので交換自体は簡単なのですが…。

金属のトリム

ところが、リプロ品には後ろ側を縁取る金属のトリムが付いていないので、古い方から外して移植する必要があります。リベット留めなのでちょっと面倒です。どうせならこういった部分も含めてリプロしてもらうと面倒が無いのですけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。