出戻り

出戻り娘

先月納車したスバル360が再入庫です。時々スターターが回らないとか、室内がガソリン臭いとか、クラッチの切れる位置が近いとか、フロントのエアスクープのガスケットがダメだとか、テールレンズをキレイにしたいとか。乗り出すと色々出てきます。

まずガソリン臭ですが、エンジンルームにもガソリンによって溶かされたコールタール状の物が垂れているので、タンクから漏れているのは明白です。タンク、降ろします。

ガソリンタンク

白く光っている部分に塗装の溶けがあったので剥がしてみました。カーブに沿って腐食が発生しています。明らかな穴は無いのですが、小さな穴が無数にあって滲んでいるようです。この部分はタンクの底部で、ボディ側と接触しています。タンクの裏側もそうですが、ボディ側も水で濡れています。

給油口

本来は給油口の周りに、室内に雨水が入らないようにガスケットがあるはずなのですがこのクルマにはありません。長年に渡りここから少しずつボディとタンクの間に雨水が入り、タンクを腐食させたようです。

どうやって補修するか思案中です。とりあえずハンダでやってみようかと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。