Lupo

VW Lupo

今日は久しぶりに寒かったです。もう今年は灯油を買わずに済むかと思っていましたが、追加で買ってきました。こちらのLupoはショックの交換と納車前点検で入庫です。

フロントショック

まずフロントショックですが、ガチガチの車高調が入っています。ショックに留められているケーブルを外してからショックを外します。

付けるショックと外したショック

上がこれから取り付ける中古の純正タイプのショックです。バネのサイズが全然違います。

付きました

ストラットなのでアッセンブリで交換するだけです。元々このクルマに付いていたもののようで、全く問題無く付きました。

リアショック

リアはストラットではなく、バネとショックを別々に外します。アッパーマウントの固定部が内装で隠れているので、結構内装をバラさなくてはなりません。

外したリアショックと付けるリアショック

長さが全然違いますし、チューブの上下が逆のタイプです。付いていたショック、恐ろしく硬かったです。

外したバネと付けるバネ

バネも全然長さが違います。しかも粗密が逆になっています。すいません、リアショックとバネの交換後の画像を撮るのを忘れてしまいました。こちらも特に問題無く取り付け出来ました。

リアスピーカのトリム

すいません、肝心のショック部分の内装をバラした画像も撮るのを忘れてしまいました。こちらはバラした内装の一部の、スピーカトリムです。先人によって既に何度か脱着されているようで固定のステーが一つ無くなっていて、いくつかのステーはボディ側に付いているだけで全く機能していなかったので、トリム側に接着しておきました。

ボディ側

先ほどのトリムはここに付きます。この後ろにショックのアッパーマウント部分を隠すトリムが付いていて、それを外す為にこちらも外さなくてはならなくてはならないのです。

取り付け

付けるとこんな感じです。ショックを外すのに、ここまで外さなくてはならないのがツライです。

アンダーカバーのオイル染み

ショックの交換が済んだので納車前の点検です。下回りは特に問題なかったのですが、エンジンルームのアンダーカバーにエンジンオイルの染みがあります。エンジンの結構上の方から伝ってきているようです。

オイルにじみの原因

最初はタペットカバーパッキンかと思ったのですが、オイルフィラーネックの所からでした。このエンジンはオイルフィラーキャップの下にフィラーネックが付いていて、そのネックがきちんと固定されていなくて、そこから漏れていました。

フィラーネック

ネックはキャップと同じようにツイストオンでヘッドカバーに付いています。キチンと回して固定されていることを確認しました。

スパークプラグ

スパークプラグも点検しました。純正の3本電極のプラグが付いていました。

中心電極の摩耗

ちょっと分かりずらいですが、中心電極が3角形に摩耗しています。元々は普通の円柱です。これでも火は飛ぶのですが、良い機会なので新品に交換するために部品屋さんに注文しておきました。

エアインテーク

エアインテークはブローバイでベタベタだったので掃除しておきました。

エアフィルタ

当然フィルタもベタベタだったので、こちらも掃除しておきました。

エアコンフィルタ

エアコンフィルタはウィンドシールドの下にあります。かなり汚れているので交換します。

交換後

手前の蓋を外してからフレームを外して取り付けます。ちゃんとフレームに納めないと隙間ができてしまいます。

とりあえず終了

あとはエンジンオイルとフィルタを交換して終了です。今回は5W-40が4リッター入りました。パワステフルード、クーラント、ウォッシャー液が減っていたので足しておきました。

交換したパーツ

最後にワイパーブレードを交換して終了です。フロントのブレードは左右で長さが違うようですが、元々のは2本とも同じ長さでした。明日プラグが届いたら交換しておきます。ショックを交換したのでトーの調整をして、試走で問題無ければ納車の予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。